医療はあなたのためにあります。あなたの笑顔を守るために出来ること。
CONTENTS

僻地の医師求人

離島や田舎など病院が少ない地域では、医師は非常に過酷な業務を強いられる事もあるでしょう。

病院の数が少ないという事は医師の数も少ないという事になります。そのため、救急などで重病の患者がいつ搬送されてくるかわかりません。

都会であれば大学病院など他の病院に搬送する事もできますが、病院の少ない地域ではその病院内だけで対処しないといけない事もあるでしょう。

時として、一瞬の判断や処置が人の命に左右する事もあるため油断をする事はできません。

僻地や過疎地の医師求人で社会貢献をお考えの医師が多くなることを願うばかりです。

在宅診療の医師求人、大事なのは?

在宅診療の医師求人につきまして大事なのは、患者様を病院内で診察するのではなく医師自身が患者様のご自宅に出向いて診療をする事になりますので、一番大事になります事は見る患者様の人数や勤務時間、巡回する地域等が重要になってきます。

また急患が出てしまった場合につきましては、どんな時でもその患者様の容態を確認しに行かなければならないのです。医師求人のポイントとしましては、勤務時間等も重要になりますが、そこの勤務場所の人数や急患が出てしまった時の対応の確認等をきちんと面接時に質問し確認しておく事が一番良いです。

医師求人で医局員の募集はしている?

医師求人でも医局に属しているひとが募集されていないことはありません。特に女性では出産や子育て中においては希望通りの仕事ができるとはかぎりませんし、多くの場合は忙しくて家事と仕事の両立が成り立たないこともあります。

そのような人は自分で職場を探すこともあるでしょう。医局の方針にもよりますが人事からは離脱して一般の医師求人での転職は可能ですし、転職においてはその人となりや考え方、仕事ぶりが重要です。転職の際にはまず自分の立場を明確にして本当にあなたを必要としてくれているのであれば問題が起きた場合にもエージェントや病院が協力してくれることでしょう。

医師求人で非公開求人へ応募する時のポイント

医師求人の中でも非公開求人を探す際のポイントですが、福利厚生や超過勤務手当をよく調べておく必要があります。医療法人によっては忘年会や職員旅行が行われます。良い医療法人だとそのような際のお金をある程度負担してもらう事が出来ます。

次に超過勤務手当ですが、医師は定時で帰れる日はほとんどなく、常に超過勤務が発生します。良い医療法人だと通常の年俸以外にも超過勤務手当がきちんと支給されます。それだけでかなりの稼ぎになります。良い非公開求人の医師求人を探すのであれば、このような点に注意しておく必要があります。

京都府での医師求人の現状について

京都府については、京都大学や京都府立大学などの派遣体制がしっかりとされていて、拠点病院である大半はこの2つの大学を中心として医師不足を補っています。

以前から医師求人の募集をおこなっておらず、大学からのピンチヒッターの医師で給与の体系も出されている傾向にある為、給与の相場は他の都道府県に比べて非常に低くなってしまっている状況があります。

京都については亀岡や福知山などでの地域では、医師不足が深刻な問題になっていて、遠方に所在しているため大学などからの応援体制も非常に厳しいことがあげられます。そのような、公的な病院のような場所でも、県外からの転職を希望する医師に積極的であることがあげられます。