医療はあなたのためにあります。あなたの笑顔を守るために出来ること。
CONTENTS

転職で医局とは関係ない医師求人を選ぶ

医局に所属している医師もいれば、そうではない医師もいます。

また、近頃では医局に所属していた医師が転職して医局とは関係ない医師求人を選び、別の医療機関に行ってしまう事もあります。

近年では民間の企業が医師の採用を行う事もあり、一般企業で働く医師もいます。医師の活躍の場は広がり医局以外の機関に魅力を感じ転職する人もいる様です。

医局にいれば派遣される病院を紹介してもらえる事もありますが、医局を離れるとその様な事はありませんので自ら医師募集を見つける事になります。

医師として出生する事だけではなくて、価値観が多様化したという事も関係しているかもしれません。医局に魅力を感じ希望する人がいる一方で、離れる人もいます。

消化器外科の医師求人を探す時のポイント

消化器外科の担当医として勤務をしている方は多くいると思います。しかし、経験年数が長くなって自分の行いたい医療が見えてくると、違う病院に再就職して、新たな環境で頑張りたいと思うようになるかもしれません。

実際に転職を考える際、いろんな病院の医師求人を探すと思いますが、探すときにどのようなポイントを見ればよいのでしょうか。消化器外科ですので、自分が得意とする治療法(手術や薬剤投与)や検査方法に重点を置いている病院がいいのではないでしょうか。

逆に、もっといろんな知識を高めたいという方の場合は、自分が苦手とする治療法を重点的に行っている病院を選ぶようにしましょう。医師求人はたくさんありますので、理想とする病院を見つけるようにしましょう。

循環器内科の医師求人を探す時に気を付けたい事

医師求人で循環器内科を探す時に気を付けておきたい事があります。循環器は主に心臓や血管などの血液を通じて栄養を体全体に行き届かせるために必要な循環器に関わる患者を専門的に診察する科の事をいいます。

なので生活習慣病に大きく関わってきます。生活習慣病の患者数は年々増加傾向にあり、とても深刻な状況です。糖尿病患者だけでも900万人に迫る勢いです。他にも高血圧、肥満症、不整脈など患者数が多いです。特に循環器内科の患者は命に関わる病気が多いので早期診断をして適切な治療をしなければならないので非常に重要になってきます。医師求人を探す際は注意するといいです。

地域医療で頑張りたい人の医師求人職

現在では医師不足が深刻化しており、それは都会も地方も変わりません。都会では、医師の数は多いのですが、患者の数も非常に多く、一方地方では、そもそも医師の数が圧倒的に足りていません。また、都会では最新の医療資源が整っている場合が多いのですが、地方では最新の医療資源すら少ないというのが現状です。

そのため、地域医療で頑張りたいと思っている人は非常に貴重な人材であり、そういう人に優先して医師求人を募集しています。まだまだ改善するに至るには時間がかかりますが、医師としての使命の1つとして、医師が少ない地域医療への医師求人に対して、積極的に興味を持つことが大切です。

早期から探し始める医師求人

すぐに転職をする予定の人は急いで医師求人探しに取り掛からないといけない事もありますが、数年後など少し先に転職をする予定だという人であれば、時間をかけて医師求人探しを行う事ができます。転職サイトでの医師求人探しは、この様にかなり先に転職を考えているという人でも利用を歓迎している場合が多いので、気軽に登録を行って医師求人探しを行う事ができます。

すぐに応募するという分けではなくて、医師求人探しは少しでも早くから行っておく事によって、職場はどんな人材を必要としているのかという事を知る事ができます。そのため、しばらくは現在の職場で仕事を続ける予定の人にも得られる事は多いでしょう。

転科を目指す人が選ぶ医師求人

たくさんの人が医師求人に目を通して応募を検討していますが、中には転科を目指す医師が医師求人を探して応募する事もあります。しかし、一般的な転職をする場合と、転科をする場合で選ぶ医師求人が違ってくる事もあります。

転職の場合には経験やスキルを活用できる医師求人を求めている人が多いのに対して、転科の場合には、その診療科に対して未経験であったとしても応募する事ができる医師求人を医師は求めています。医師として長い経歴を持つ人であったとしても、転科をするとなるとその経験を活かす事ができなくなってしまう部分もあります。そのため、転職した職場で新しくたくさんの事を吸収する必要があります。

医師求人で地域の整形外科専門医に採用されると

医師求人で地域の整形外科専門医に採用された時は、子供や会社員の怪我の治療をするために奮闘することになります。子供の場合は、イタズラや学校の行事の際のイベントで骨折をすることがあります。レントゲン撮影ができない場合は、大きな病院へ連絡を入れて、そこでレントゲン撮影をして頂きます。

そして再び自身が働く医院に戻り、子供の骨折箇所に湿布を貼り、添え木をあてて包帯で包み、その包帯を首にかけて患部が動きにくくすれば完了です。会社員の怪我の治療は、高い所から落ちた際にできた捻挫や打ち身が多いので、湿布を貼っておけば自然と治ります。医師求人で採用されてすぐは給料が低めですが、数ヶ月もすれば新人扱いではなくなるので、時給を上げてくれます。

東京都の医師求人の現状について

東京都においては医療機関やクリニック数が多いことをあげられますが、それ以上に医師の人数が多い点があげられます。

厚生省が出す資料においては、東京の人口の10万人に対しての医師人数は304.5人もいて、全国でもトップとなり平均である233人を超えた人数になっています。そのような背景から、都心での求人が上がる条件の良い医師求人はすぐに埋まってしまうことが言えます。

あらかじめ医師を専門とするエージェンシーを利用するか、タイミングが合う場合において医師求人を見つけることができたら、早い段階で行動するなどの工夫が必要になるでしょう。